新着情報

創業1920年 店主自らが職人のお店
  • TEL:0778-51-0283
  • 営業時間 8:00〜19:00(水曜定休)
    お気軽にお問合せください。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

2022-10-08 10:33:25
こんにちは。早いもので10月に入りましたね。月日が経つのが本当に早いですね…ここ数日、気温もぐんと下がり肌寒さも感じるようになってきましたので体調管理には十分にお気をつけてお過ごし下さい。

さて、先日、石川県金沢市のお客様のご自宅にコンパクトなモダン仏壇を納入させていただきました。若い方が金沢市にお住まいとのことでしたのでお住まいの雰囲気に合うお仏壇をお選び頂きました。

ご本尊の掛け軸や仏具などはお仏壇に合わせて新調し、お位牌は、お客様のご要望に合わせて古いお仏壇で使用していたお位牌をお入れさせていただきました。

古いお仏壇をお持ちの方は、思い入れのある仏具などを新しいお仏壇に利用されたい、と言うご要望をいただくことがございます。このような場合でも、寸法などを調整し対応させていただいており、お客様にも大変お喜びいただいております。お客様のご要望に合わせて柔軟に対応しておりますので、何なりとお申し付けいただけたら幸いでございます。


▲全室洋間のマンションでしたが、和の雰囲気を感じる事の出来る落ち着きのある空間となりました。家具などの色合いと合わせることで統一感も生まれてきます。
2022-09-21 12:58:21
こんにちは。心配された台風の影響も大きくはなく一安心でしたね。台風が過ぎてからはひんやりとした天気になりましたので体調管理等には十分にお気をつけてお過ごし下さいね。

さて、1週間ほど前になりますが福井県敦賀市のお寺様の本堂にて水引きの取り付け作業を行いました。

水引きとは、本堂の柱にそって取り付けられる金蘭生地の反物になります。お寺様の宗派によっては使用しない場合もありますが、今回は、経年劣化により新しく製作させていただく運びとなりました。

水引きは金蘭を使用した華やかな仕上がりとなっているので、本堂の雰囲気も明るくなります。それほど頻繁に問い合わせをいただく商品ではありませんが、名入れなどにも対応しておりますので何かございましたらお気軽にご連絡いただければ幸いです。



2022-09-14 09:52:40
こんにちは。出村仏壇店の出村です。ここ数日、過ごしやすい日が続いていましたが、台風の影響もあってか今日は蒸し暑い1日となりました。朝晩は寒く感じる時もあり、体調管理が難しい時期でもありますね。エアコンや服装で調整して体調を崩さぬようお気をつけてお過ごしいただけたらと思います。

さて、先日、お客様よりご依頼をいただき、大型のお仏壇に収められている仏像を都会にお住まいの息子様に引き継げるように、モダン仏壇をご提案させていただきました。

お仏壇のサイズが変わってもご先祖様がお参りしてこられた仏像や掛け軸を引き継ぎたい、という方は多くいらっしゃいます。近年はお仏壇が小型かしてきているという事もあり、お仏壇の段組や仏像の寸法調整、掛け軸の表具直しなどを施し、お仏壇の中に収めます。

仏像や掛け軸は、ご先祖様が大切にされてきたものなので新しい形で引き継がれていく事は大変すばらしいことだと思います。このような案件も柔軟に対応しておりますので、お困り事やご要望等ございましたらお気軽にご連絡等いただけたら幸です。



2022-09-06 17:38:48

9月に入り少しずつ過ごしやすい日が増えてきましたね。これからは台風の時期でもありますので十分にお気をつけてお過ごし下さい。

さて、当店前の工場では以前からお預かりしていた右大臣、左大臣の修復を進めております。

お預かりした時には経年劣化により仏像の本体が下地部分から傷んでおり、表面の彩色も色あせていました。また台座の方も漆が剥離したり金具部分が錆びていたりと傷みが激しい状態でした。

お預かり後は傷んだ部分を下地で補修をして県内の仏師よる丁寧な彩色を施しきれいに復元する事はできました。

今後は当店の工場にて点検を行い鯖江市内の神社へ納入させていただきます。


 


☝お預かり前の右大臣、左大臣になります。


 
2022-08-23 15:20:12
早いもので8月も後半に差し掛かりました。皆様におかれましてはお盆期間中ゆっくりお過ごしできましたでしょうか。暑さも寒さも彼岸までといいますが、まだまだ暑い日が続きますので熱中症などの体調管理には十分にお気をつけてください。

さて、先日京都市のお寺のご住職様より賽銭箱の製作のご依頼をいただき設計を含め作業進めさせていただいております。

5尺の賽銭箱になりますとかなり大きなサイズの賽銭箱になります。そのためご注文をいただくたびに1からの製作となります。今回は、20年ほど前に納入させていただいた近隣のお寺様にご協力いただきデザインや寸法参考にして設計した上で製作へと進む段取りの予定です。

1から作るため、材料や正面の文字の入れ方など一つ一つ吟味して作業進めて参ります。



↑上の写真は20年前に当店にて制作したけやき製の賽銭箱になります。