創業1920年 店主自らが職人のお店
  • TEL:0778-51-0283
  • 営業時間 8:00〜20:00(年中無休)
    お気軽にお問合せください。
49日法要に必要な仏具は?


「お位牌は49日法要までに準備が必要です。」
大切なご家族が亡くなり葬儀を行うと白木で作られた位牌(白木位牌)が用意されます。

白木位牌は一般的に49日間(忌明け)まで使用し、忌明け法要後は黒塗り位牌(本位牌)を祀ります。

地域よっては49日法要の際にお位牌をお寺に持参することもあります。

宗派によって異なりますが、本位牌を作成した後に「お精入れ」のお参りをご住職様にお願いすることも必要です。

お位牌の選び方や文字入れ方法、納期についてなど分からないことがございましたらお気軽にお尋ねください。




 

 

「49日法要(忌明け)をご自宅でされる場合には、お仏壇をご用意しましょう。」

葬儀が終わると自宅に祭壇が設置され、写真や白木位牌、お花、お供え物が並べられます。


しかし、祭壇は49日法要までの設置となり、法要後に祭壇は撤去または返却されます。

このような流れの中から49日法要後に「お仏壇」が必要になってくるわけです。

近年は生活環境や建築事情により、コンパクト仏壇やモダン仏壇のラインナップも充実してきました。従来のように高いお金を支払わなくても宗派に沿った仏壇・仏具をそろえることも可能です。



 
 
 

身内や親族の葬儀や会社の取引先の葬儀など、年を追うごとに葬儀葬祭に出向く回数は増えていきます。
 
その際に必要となってくるのが「お数珠」です。正式には各宗派によって形が違いますが、一般的にはどの宗派でも対応できる「略式念珠」を持参されます。



男性は茶色や黒色など比較的落ち着いた色合いの商品が多く、女性用は水晶やオニキスなど宝飾品などに使用される材質で仕立てたお数珠が人気です。


当店のお数珠は全品京都仕立て(タグ付き)なので長い期間安心してご使用いただけます。





 法事は亡き人を縁として、いま生かされている生命の尊さをかみしめつつ、故人も我も共にすくってくださるその仏恩にご報謝のおつとめとして行います。その中で自分がどのように生くべきかを自分自身に問い、 自己を見つめなおし、自己を取り戻す良きご縁でもあります。

 私たちは、 日常年をとることも忘れ、煩悩いっぱいの中であくせくと生き、自分自身が死に向かっているという現実から目をそらして生きていますが、ご法事は、あらためて現実というものに目を向けて、自分自身を取り戻す人間回復の良いご縁であります。 せめてこの日一日くらいは、自己について問い、みんなを必ず救わずにはおれないとお働きくださる仏様のお話を心静かに聞かせていただきましょう。

 また、年回法要というのは、故人と縁につながるみんなでつとめるのが本来 のあり方ですから、記念品、会食などの主催者の出費を 考えて、なるだけ主催者側の負担が少なくてす むような心使いも大切です。